« スポット+オプションショートのシュミレーション経過 | トップページ | EUR売り撤退。 »

EURUSDが権利行使される可能性について考える

んにちは(*・ω・)ノ

絶望的に見えるEURUSDが再逆転して権利行使される可能性について考える。
もし、EURUSDが権利行使されないのであれば、今すぐ別のオプションを購入する事もできるんだよね。

主要関係イベント群(某サイトより)
10/11(木)
15:00 (日) 10月金融経済月報・基本的見解
17:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:00 (ユーロ圏) 第2四半期GDP・確報 [前期比] +0.3% +0.3% --
21:30 (米) 8月貿易収支 -592億USD -590億USD --
21:30 (米) 10/7までの週の新規失業保険申請件数 31.7万件 31.5万件 --
21:30 (米) 9月輸入物価指数 [前月比] -0.3% +1.0% --
25:00 (米) 9月月次財政収支 +562億USD +1002億USD --

10/12(金)
08:50 (日) 9月企業物価指数 [前月比] ±0.0% +0.1% --
    (日) 9月企業物価指数 [前年比] +1.9% +1.8% --
14:00 (日) 9月消費者態度指数 44.1 -- --
15:40 (仏) 9月消費者物価指数 +0.4% +0.3% --
15:45 (仏) 8月経常収支 -22億EUR -- --
18:00 (ユーロ圏) 8月鉱工業生産・季調済 +0.6% +0.1% --
21:30 (米) 9月生産者物価指数 [前月比] -1.4% +0.4% --
    (米) 9月生産者物価指数 [コア:前月比] +0.2% +0.2% --
   (米) 9月生産者物価指数 [前年比] +2.2% +3.9% --
    (米) 9月生産者物価指数 [コア:前年比] +2.2% +2.2% --
21:30 (米) 9月小売売上高 [前月比] +0.3% +0.2% --
   (米) 9月小売売上高 [前月比:除自動車] -0.4% +0.3% --
23:00 (米) 10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 83.4 84.0 --
23:00 (米) 8月企業在庫 [前月比] +0.5% +0.2% --

今日はECB月例報告、GDPなんかがポイントか。
FRB議事録で荒れたりしているので、ここがターニングポイントになる可能性は捨てきれない。米の財政収支もチェックだったりもするけど。

明日はユーロの鉱工業関係とPPIなんかがポイント。
ここも一気に動く事は考えられるけど、前面円安の可能性もある。

あ~まだ手出せないから放置だなこりゃ・・・。
投資やってると毎日wktk!

応援ヨロシク → Banner_03_2  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ Banner_80x15_1_2

|

« スポット+オプションショートのシュミレーション経過 | トップページ | EUR売り撤退。 »

「外為」カテゴリの記事

コメント

サイト管理者さま


どうもお世話になります。
「日経225先物mini比較NET」というサイトを運営しております
伊藤あゆむと申します。


この度相互リンクの申し込みをさせて頂きたく
ご連絡させて頂きました。


すでに貴サイトへのリンクは完了しております。
下記に掲載させていただきましたので、まずはご確認下さい。
http://www.n225mini.net/links/invest08.php

もし相互リンクをご承認いただけるようでしたら、
以下を参考にリンクの掲載をお願いします。

【サイト名】
日経225先物・日経225mini

【サイトURL】
http://www.n225mini.net/

【紹介文】
日経225先物やミニ、オプションを取り扱っている証券会社を比較紹介

相互リンクしていただけると本当に嬉しく思います。

それでは、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

日経225先物mini比較NET - 管理人:伊藤
http://www.n225mini.net/

投稿: 伊藤 あゆむ | 2007年10月11日 (木) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155066/8343289

この記事へのトラックバック一覧です: EURUSDが権利行使される可能性について考える:

« スポット+オプションショートのシュミレーション経過 | トップページ | EUR売り撤退。 »