« EURUSD 1.4の壁は柔らかかった | トップページ | SAXO系総合スレのまとめサイト »

一喜一憂しても仕方ない

はよう(*゚Д゚)ノ

一喜一憂しても仕方ないので、とりあえず方針を持ってポジション調整。
やっとスクエア状態も解けたしね。

○基本軸
 スプレットの少ない通貨ペアで転売をメイン。
 ユーロ売り。と言っても対円ではなく、対他通貨。

まぁ、あれです。
仏サルコジ大統領から利下げ依頼がまたニュースで出てたりするし、今日のユーロ圏経常収支を経て来週のユーロ圏での指標ラッシュでDQNと落ちる事を「期待」。

○取引通貨ペア
 EURGBP → これ持ってるんだもん。投機だけど。ロングプット SP 0.6850 11/2限 10万枚
 EURUSD → ファンダメンタルズ無視のテクニカル買い。超外しそう。ロングプット SP 1.4028 10/15限 5万枚

後はユーロフランをどうするか・・・他ポジションのヘッジでロングコールでもいいんだけど。
ヘッジならユーロ円買いかなぁ。でもアレ高いんだよなー。ボラ高いし。

それにしても、ちょっとミニマムチャージ気にして売買しすぎて身動き取れなくなってきたな・・・どこかで一回初心に帰らないと。

応援ヨロシク → Banner_03_2  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ Banner_80x15_1_2

|

« EURUSD 1.4の壁は柔らかかった | トップページ | SAXO系総合スレのまとめサイト »

「外為」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155066/8042034

この記事へのトラックバック一覧です: 一喜一憂しても仕方ない:

« EURUSD 1.4の壁は柔らかかった | トップページ | SAXO系総合スレのまとめサイト »